日本産業洗浄協議会

【所在地】 〒105-0011 東京都港区芝公園1-3-5バルコ御成門6F
【電話】 03-5777-0791
【FAX】 03-5777-0675
【e-mail】 sskjicc@jicc.org
【URL】 http//www.jicc.org/
【事務局】執務時間:9時30分〜16時30分(土・日祝祭日を除く)

事務局ご案内地図
クリックすると日本産業洗浄協議会の事務局への案内地図がここに表示されます。


日本産業洗浄協議会
(産洗協・JICC)の発足

JICCは、オゾン層破壊物質全廃と地球環境保護を推進し、工業洗浄分野における 問題の早期解決を図るため、洗浄剤、洗浄装置、周辺装置など異業種の関連企業と団体が集結し通商産業省(現経済産業省)および関係省庁のご支援を頂いて1994年4月13日に産洗協として発足しました。


組織図


各組織の構成と役割

総    会:正会員により構成され、通常年一回開催される最高決議機関。
理 事 会:会長、副会長、専務理事、名誉理事、理事等により構成され、実際の運営を行うための決議機関。
運営委員会:会長選出の運営委員長が、正会員の中から委員を組織し、実際の運営方針を策定・実践する委員会。
事 務 局:総会・理事会・委員長会議・各委員会を補佐し、会の事業運営を司る実務機関。
各種委員会:常設の委員会に加え、会の運営上必要に応じて設置する。
特別委員会:内外部からの要請により年度毎の活動に応じ設置する。


役 員(2017年09月現在)
会 長 岡村 和彦 潟Nリンビー 代表取締役社長
副会長 土井 潤一 JICC名誉理事、大和化学工業梶@代表取締役社長
北島 晃 潟gクヤマ 特殊品部門 ICケミカル営業部 部長
目黒 弘 JICC名誉理事、日本ソルベイ梶@ 代表取締役社長
専務理事 高橋 幹晴 日本産業洗浄協議会 
理事  湊 崇靜 旭硝子 執行役員 化学品カンパニー 機能化学品事業本部長
松村 晴雄 活ョリサーチセンター シニア・フェロー
川村 政英 ジャスト梶@ 代表取締役社長
内野 正英 ジャパン・フィールド 取締役会長
福山 秀二 界NEOSサンエナジー 理事 化学品事業本部 NSクリーン部長
鈴木 厚生 伸栄化学産業 代表取締役社長
新井 一代 デンヨー梶@代表取締役社長
柳原 信之 東ソー梶@有機化成品事業部 環境薬剤部洗浄剤グループ 営業グループリーダー
小田切 力 JICC名誉理事、元日本産業洗浄協議会専務理事
甲斐 博康 潟gクヤマMETEL 代表取締役社長
弓達 正樹 潟lオス 化学品本部 営業部門 部門長
内藤 和美 缶゚ーカーコーポレーション 取締役化工品本部長
片岡 啓二 JICC名誉理事、ファインマシーンカタオカ 代表取締役社長
森川 毅 潟c潟Jワ 取締役副社長
森合 政輝 JICC名誉理事、森合精機 代表取締役社長
監事 本木 啓博 荒川化学工業梶@執行役員 機能性材料事業部長   
山口 伸一郎 JICC名誉理事、日伸精機梶@代表取締役社長    

世界に貢献する
オゾン層保護等活動

米国環境保護庁より
「オゾン層保護賞・団体賞」を受賞
(1996年)

日刊工業新聞社より
「オゾン層保護大賞・優秀賞」を受賞
(2000年)

米国環境保護庁より
「ベスト・オブ・ザ・ベスト成層圏オゾン層保護賞」を受賞
(2007年)

オゾン層破壊物質である1,1,1-トリクロロエタンおよびCFC-113の全廃に寄与し、地球環境保全に特に貢献した団体として1996年に受賞した。 中小企業の洗浄現場におけるオゾン層破壊物質の技術転換を組織的に支援し、さらに途上国支援の組織的活動に積極的に参画したことが評価され2000年に受賞した。 産業洗浄工程で使用されていた1,1,1-トリクロロエタン、CFC-113およびその他のODSである溶剤の完全廃止を促進し、同時に途上国におけるオゾン層保護活動を支援する活動を継続してきた。


環境大臣表彰
       

環境省より
平成24年度環境対策に係わる模範的取組表彰

環境対策に積極的に取組、我が国の産業活動における公害防止に資する模範的取組としてその功績を認められ受賞した。