差出人:                 jiccmm-admin@ml.jicc.org

送信日時:             2015722日水曜日 15:58

宛先:                     JICCmmモデレーター

件吊:                     日本産業洗浄協議会(JICC)メールマガジン第12

 

********************************************
 日本産業洗浄協議会 メールマガジン 12
********************************************

12号をお送り致します。

 

今回は、)「2015洗浄総合展《の予告ご案内

(2)JICC会員の紹介について

*このメールは、日本産業洗浄協議会の各種イベントでお預かりしたメールアドレス宛に
 
 お送りしています。上要な方は、末尾にてその旨ご返信下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     トピックス

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(1)「2015洗浄総合展《の予告ご案内

今年は、122日(水)~4日(金)に東京ビッグサイトで開催します。

http://www.nikkan.co.jp/eve/senjyo/

 

既に昨年を上回る出展規模となっており、加えて今回は「2015国際ロボット展《(10万人

規模の来場者が見込まれています)や「2015部品供給装置展《、「SANPE JAPAN先端材料

技術展《、「モノづくりマッチングJAPAN2015《(3D造形を含む)と多彩な同時開催とな

っています。

日本産業洗浄協議会(JICC)の催しとしては、主催者ブースのほかに

1.特別講演(12/3(木)) S先生「航空機などの先端金属加工と洗浄(仮題)《

2.JICC洗浄技術フォーラム(12/3(木))

3.「商流セミナー《(12/2(水))

4.「JICC優秀新製品賞《(12/2(水))表彰式

 などが内定しています。

 皆様是非ご来場いただきますようお願いいたします。

また、出展の締め切りは731日(金)ですので、出展希望者はお急ぎください。

JICC会員は出展小間代が割引となります】

http://www.nikkan.co.jp/eve/senjyo/mousikomi.html

 

)JICC会員の紹介について

 ㈱旭リサーチセンター

旭リサーチセンターは1974年旭化成100%出資により設立されたメーカー系シンク

タンクの草分けです。旭化成グループの総合力を背景に、国内外の経済・社会動向から

先端技術動向まで“産業人”の視点というメーカー系の強みを生かし、環境・エネルギー、

ライフサイエンス、経済・経営、マーケティングなど幅広い分野にわたる次世代のイノ

ベーション創造を支援することを使命ととらえています。

調査研究スタッフは“産業人”の視点を持って、それぞれの専門分野の調査能力を活かした

幅広い分野における調査研究を行っています。また、専門性を活かした受託調査業務を

行っています。さらには、異なる技術の融合による新事業開発のアイディア、さらには、

グローバルな経済動向やマーケティング調査などとの組み合わせによる日本企業の将来に

向けてのビジネスチャンスの提示など、シンクタンクの総合力を活かした価値ある情報

サービスの提供を行っています。

  会社紹介                    http://www.jicc.org/mailmagazine/mm-annai/k107.pdf

会社URL      http://www.asahi-kasei.co.jp/arc/

 

アジア化工機㈱

アジア化工機は化学工業企業向けの装置の設計・製作を祖業としスタートしました。

近年は非鉄金属関係企業等から寄せられる脱水系洗浄・脱塩素系洗浄といったニーズに

応え、炭化水素系洗浄装置を社内設計のもと製作しております。

数多くの紊入実績があり、化学工業界で長年培った知識を生かした安心・安全な装置を

お客様へご提供しています。

材  料:CuAlSUS・合金等     処理速度:Max 300mpm

板  幅:502400mm         板  厚:0.0012.0mm

機器構成:脱脂洗浄装置・蒸留装置(Max2000L/H)・大気放出脱脂剤回収装置 等一式

このほか部品洗浄も取り扱っておりますが、量産品よりも特殊な一品物の洗浄を得意とし

特にコイル状部品の洗浄は、他の処理装置を圧倒する能力を有した装置を製作しています

   問合せ先 431-3103 静岡県浜松市東区常光町314

        アジア化工機㈱ 営業技術部 川合一三

             電話 053-435-1030     FAX053-435-1040

             asia1040@mercury.plala.or.jp

             http://www.jicc.org/annai/annas3.xml

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   
 シリーズ連載

洗浄にかかわる用語解説(29 特別管理産業廃棄物 30 バーゼル条約)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

29.特別管理産業廃棄物 Specially controlled industrial waste

 産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性などの人の健康または生活環境に係る被害を

生じるおそれがあるものとされ、施行令第2条の4で具体的に示されている。廃油、廃酸、

廃アルカリ、感染性産業廃棄物(感染性病原体が含まれているかその可能性があるもの)、

特定産業廃棄物(有害物質を含むもの)が該当する。

 

30.バーゼル条約 Basel Convention

正式には「有害廃棄物の国境を越える移動およびその処分の規制に関するバーゼル条約《

と言い、一定の廃棄物の国境を越える移動などの規制について国際的な枠組みおよび手続き

などを規定した条約である。

国連環境計画(UNEP)が19893月、スイスのバーゼルにおいて採択、199255

発効。20155月現在、締約国は181ヶ国、EU、パレスチナ。

日本は1992年に国内法(特定有害廃棄物などの輸出入などの規制に関する法律、通称

バーゼル法)を制定し、1993年に加盟している。

 

「廃掃法(廃棄物処理法)《については、

経産省ホームページ

http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/admin_info/law/03/

 

環境省ホームページ

http://www.env.go.jp/recycle/waste/index.html

 

 をご覧下さい。

 

(以上は、産業洗浄技術情報誌「産業洗浄No.520103月《より抜粋)

 

 *********************************************
最後までご覧いただきありがとうございました。今後ともご愛顧のほどよろしくお願い致します。

 

▼≪配信停止≫をご希望の方は、お手数ですが以下をクリックし、その旨ご記入いただき送信下さい。▼

sskjicca@jicc.org

▽お送りしたこのメールは、送信専用ですのでこちらには、返信しないで下さい。▽

 

日本産業洗浄協議会(JICC)事務局 

Japan Industrial Conference on  Cleaning

105-0014 東京都港区芝2-10-4(電巧社ビル5階)

TEL 03(3453)8165 FAX 03(3453)8167

URL http://www.jicc.org/

*********************************************