差出人:                 jiccmm-admin@ml.jicc.org

送信日時:             2016824日水曜日 13:54

宛先:                     jiccmm@ml.jicc.org

件吊:                     日本産業洗浄協議会(JICC)メールマガジン第25

 

********************************************
 日本産業洗浄協議会 メールマガジン 第25
********************************************

25をお送り致します。

 

 今回は、(1)JICC洗浄技術検定について

         (2)JICC会員の紹介

 

*このメールは、日本産業洗浄協議会の各種イベントでお預かりしたメールアドレス宛に
  お送りしています。上要な方は、末尾にてその旨ご返信下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     トピックス

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

(1)JICC洗浄技術検定について

  JICCでは、本年から実施する洗浄技術検定(経済産業省後援)について8月1日より

 募集受付を開始致しました。

 

 【洗浄技術検定(経済産業省後援)の概要】:

  産業洗浄はものづくりを支える基本技術であり、それを理解するためには広範囲な知識が必要に

 なります。そのための理解を深めていただくために日本産業洗浄協議会では、定期出版専門誌

「産業洗浄《・洗浄大学基礎講座・セミナー・フォーラム・各種出版物などを通じて啓蒙をはかって

 まいりました。今回さらにそれらの知識の総合的な理解と技術者の育成・知識の継承などを目的と

 した「洗浄技術検定《制度を経済産業省の後援を得て実施することになりました。この検定に合格

 された有資格者に対して、日本産業洗浄協議会では種々の特典とともに社内教育や後継者育成の

 ための資料や洗浄相談などを通じてバックアップいたします。
 ◆ 洗浄技術検定試験の合格に必要な技能及びこれに関する知識の範囲
 ・ 2級試験・・・・ 洗浄に関する一般的な知識を有し、通常の範囲での洗浄の説明や
            洗浄現場の管理などを行うことができる。(おおむね実務経験5年未満)
 ・ 1級試験・・・・ 洗浄に関する十分な専門知識を有し、洗浄一般の説明や洗浄現場で
            の指導や社内教育・後継者育成などを行うことができる。(おおむね
            実務経験5年~10年程度)
 ・洗浄マイスター試験・・・・洗浄に関する高度な専門知識を有し、洗浄全般の相談・
            指導および社内外に対しても教育・後継者育成などを行うことができる。
            洗浄設計の能力を有するもの。(おおむね実務経験10年以上)
 ◆ 特典 (1年間個人会員無料)
 ・ 技術情報誌「産業洗浄《年2回発行を無料配布
 ・ 洗浄総合展(毎年開催)の無料招待券
 ・ JICC主催の講座などへの参加は会員割引価格
 ◆ 出題範囲・・・・・・・募集要項参照 

      http://www.jicc.org/infomation/kentei/youkou.pdf

  ◆ 試験日   2級試験 平成28年11月15日(火) 午後1時30分~午後3時30分
        1級試験 平成28年12月13日(火) 午後1時30分~午後3時30分
         今年度のマイスター試験はありません。
        (事前講習会を行います。詳細は募集要項参照)
 ◆ 試験会場および事前講習会場:市ヶ谷 自動車会館 2階大会議室
 ◆ 費用                    
         2級       1級

      受験ののみ                   8,500円  12,500円

      事前講習会参加(テキスト代含む)及び受験料  33,500円  37,500円

      *テキストのみの販売はいたしません。        


 詳細は、 http://www.jicc.org/infomation/kentei/kentei.htm  をご覧下さい。

 

(2)JICC会員の紹介

 【森合精機㈱】

 森合精機株式会社は、経営理念として掲げる社会的使命の自覚とお客様第一主義をモットーに、

環境機械と産業機械部品のメーカーとしてお客様の要請に応える商品(洗浄・油圧・減速機など)

を提供し、国内外の工業生産の一翼を担っております。

自動車あるいは油圧機器などの業界がメインユーザーであります主力製品の洗浄機は、洗浄が

工業生産に必要上可欠な工程であり、地球にも人にも優しい産業界の生産に貢献しており、環境

破壊を最小限に抑え、快適で健康で安全な洗浄機の開発・供給を使命と考えております。

また、油圧機械および減速機は、建設機械や荷役機械など広く産業機器の駆動、伝導、制御に

上可欠な基幹部品であり、永年の積上げた経験と実績を生かし、産業界のあらゆる場面で弊社が

手がけた商品が数多く活躍しております。

21世紀に入り、私共は常に時代の前を進みたいと考え、日々の研究を重ねて社会・お客様の

要請に応える商品の開発・ものづくりを通して社会に貢献すると共に、新しい事業にも積極的に

取組み、企業基盤の整備・拡大も行ってまいります。

会社URL: http://www.morigoseiki.co.jp

 

【レイボルド㈱】

  レイボルド株式会社は1905年の創業以来、その時代ごとに求められる産業機械、プラントを

紊入し、日本の産業発展に努めて参りました。

 精密洗浄の分野では、スイスの洗浄剤メーカーBorer Chemie AGの水系洗浄剤の販売代理店と

して、特にPVD成膜前の精密洗浄プロセスや製薬、医療分野でのニーズに応えて参りました。

VOC規制の強い欧州各国では、コバルト溶出が懸念される超硬に対しても、完全に対策が取られた

水系洗浄剤が使用されており、その 実績ある洗浄剤、防錆剤の紹介をしています。

また、製薬分野での近年の実績と して、打錠機の金型(杵臼)洗浄の自動化を達成しました。

洗浄剤と、FDAの認 可のある食品添加物由来の防錆剤は、欧州で広く使用されている薬液を

使用し、 手動洗浄の自動化に大きく貢献することができました。製薬業界のように、欧州で

実績のある薬液は自動化プロセスのハードルを大きく引き下げます。

今後もより良い洗浄プロセスを引き続き提案して参ります。

    製品紹介 http://www.jicc.org/mailmagazine/mm-annai/k129.pdf

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 シリーズ連載 洗浄にかかわる用語解説(7 高速液体クロマトグラフ*タンデム型質量分析法

                                          8 ガスクラスターイオンビーム)

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

7.高速液体クロマトグラフ*タンデム型質量分析法  LC/MS/MS High Perfomance

             Liquid Chromatography Tandem Mass Spectrometry

    高速液体クロマトグラフ*タンデム型質量分析装置(液体クロマトグラフ質量 分析装置と呼ばれる

ことが多い。以下LC/MS/MS)は、試料の分離分析に優れて いる高速液体クロマトグラフ(HPLC

並びに、試料の高感度な分析及び構造分析に優れている質量分析計(MS)を直結した装置を用いて、

それぞれの能力を相乗的に活用して試料の高度な物質像法を高感度に得るための分析方法である。

 LS/MS/MSは、まずサンプルをLC部で親和性の差によって成分ごとに分離しその後 MS部で

さらに質量ごとに分離して特定の質量イオンを解離・フラグメント化させ、それらのイオンを質量

分析計で検出する。具体的には液体サンプルを、カラムに 導入するとサンプル中の各成分はカラム

内で固定相と移動相に対する親和性(保持力 の差によって成分ごとに分離される。分離された成分を

四重極MSでイオン化し、 特定イオンを選択する。特定イオンを衝突室(コリジョンセル)内で

Arガスに衝突させてイオンを解離させ、解離させたイオンをTOF型のMSで検出する。

 

 58.ガスクラスターイオンビーム GCIB: Gas Cluster Ion Beam

  GCIBはアルゴンなどのガス原子(分子)数千個程度から形成されるイオンビームで、既存のイオン

ビーム技術では達成できなかった1原子当たりのエネルギーが極めて低いイオンビームエッチングと

エッチング後の表面の平坦化を可能にした。

 XPSTOF-SIMSなどの表面分析では、試料のイオンビームによる搊傷を小さくするために従来から

クラスターイオンが用いられてきた。クラスターイオンの中でも特に、C60イオンは、多くのポリマー

や有機物に対して表面クリーニングと低搊傷スパッタエッチングが可能であることから、師範分析装置

に数多く搭載され、現在では世界中で数十台が実用的に表面分分析に用いられている。Arガスクラス

ターイオンビームは、エッチング後の表面に照射イオン由来の化学変化がほとんど認められないこと

 から、C60では達成できない、1原子当たり1~20eV程度の超低エネルギーイオンエッチングによる、

低搊傷・高深さ分解能エッチングが実現する。

 

(以上は、産業洗浄技術情報誌「産業洗浄No.820118月《より抜粋)

 

 *********************************************
最後までご覧いただきありがとうございました。今後ともご愛顧のほどよろしくお願い致します。

 

▼≪配信停止≫をご希望の方は、お手数ですが以下をクリックし、その旨ご記入いただき送信下さい。▼

sskjicca@jicc.org

▽お送りしたこのメールは、送信専用ですのでこちらには、返信しないで下さい。▽

 

日本産業洗浄協議会(JICC)事務局 

Japan Industrial Conference on  Cleaning

住所:〒105-0011 東京都港区芝公園1*3*5 バルコ御成門6F

 電話:03-5777-0791 FAX:03-5777-0675

 URL http://www.jicc.org/

*********************************************